自作PC使ってます AMDの”FXブランド”が復活!?

自作PC使ってます

PCパーツ・周辺機器、艦これ、PCゲームなど広く浅く、色々興味がありすぎてまとまりのないブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ツクモドスパラソフマップPCワンズ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AMDの”FXブランド”が復活!?

AMD FX Making a Comeback, to Challenge Intel Core i7 Extreme Edition [TECH POWERUP]
Rumour: AMD to revive "FX" branding with Bulldozer [VR-ZONE]

AMDの次世代コアである Bulldozerの "Zambezi" からIntelのExtreme Editionブランドに相当する ”FXブランド”を復活させるそうです。
そして、FXのブランド名には2種類あり、ハイエンドとなる8コアシリーズの ”Vision Black FX”、パフォーマンスモデルで、6コアと、4コアシリーズの ”Vision Ultimate FX” と、なるそうです。

AMDのFXブランドは、Intelの”Coreシリーズ”登場以来、十分に争えないため、”FX”の識別子を使用するのをやめていました。その為、CPUの動作倍率をアンロックを行った Black Editionを使用してきました。
しかし、Bulldozerコアを搭載する Zambezi シリーズより、FXの識別子を復活させるということは、IntelのExtreme Editionシリーズと、十分に争える自信があるということでしょう。


Bulldozerコアの ”Zambezi”シリーズのCPUは、次期のチップセット”900シリーズ”の組み合わせの動作で、対応するCPUソケットは”AM3+”になります。ソケットの形状はAM3と同じですが、互換があるかは不明です。
(AM3のマザーボードで使えたとしてもいくつかの機能は無効になると思われます。)


■ ”AM3+”プラットフォーム
 ・AM3+、AM3(Athlon/Phenomシリーズ)、両方のCPUを使用可能。

■ ”AM3”プラットフォーム:
 ・AM3+のCPUは使用不可、使用できたとしてもいくつかの機能が無効になる。


IntelのGulftown と、どれくらい渡り合えるのか気になるところです。
Bulldozerシリーズの登場は、2011年Q2です。

関連記事
スポンサーサイト



ツクモドスパラソフマップPCワンズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

けせもい

Author:けせもい
色々興味が有りすぎて、まとまりなくてすみません。PC全般、PCゲーム等に興味があります。毎日提督業に3時間以上励むため、色々疎かに・・・。
鹿屋泊地で提督やってます。
現在司令部Lv110(2016.10.22)

2016年秋イベで谷風ドロップ!あと残すは酒匂。


現在、相互リンク募集中です。
詳しくは↓をお読みください。
相互リンク募集のお知らせ

 
アクセスカウンター



[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。