自作PC使ってます ISW13HT

自作PC使ってます

PCパーツ・周辺機器、艦これ、PCゲームなど広く浅く、色々興味がありすぎてまとまりのないブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ツクモドスパラソフマップPCワンズ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ISW13HTのプラスエリア対応化させたら電波を掴まなくなった

HTC J ISW13HTのプラスエリア対応化について (HTC速報Dev)

HTC速報さんに記載されている手順の通り、ISW13HTのプラスエリア対応化を行った所
何故か全く電波を掴まなくなってしまった上に、docomoSIMを認識しなくなってしまいました。

なんでだーーーー!
と、数週間悩みました・・・・。
よくよく参考にした記事を見ると、誤表記があったようです。
コメントにも書いてあったので、よく読まずにコピペ実行した自分が悪かった(汗)

手順3の赤いところが誤表記
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p25


正しくは
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p25plus of=/dev/block/mmcblk0p25



再度、カスタムリカバリーを起動して以下のコマンドを実行して治りました。

adb push p24plus /
adb push p25plus /
adb shell
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p25plus of=/dev/block/mmcblk0p25


同じ現象でもし悩んでいたら、再度実行してみてください。
私はこれで治りました。
それでも治らない!って方はスミマセンが分かりません。





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

スポンサーサイト

ISW13HT(HTC J)の互換バッテリー

ISW13HT(HTC J)の電池持ちが悪くなり、Battery Mix上では90%以上の残量があるのにもかかわらず、突然の電源OFFになったりしてしまい、まともに使用できなくなったので、バッテリーの交換を行いました。

購入した2013年12月頃、純正バッテリーは、どこを探しても売り切れ状態。
そこで仕方なく互換バッテリーを購入することになりました。

箱にも記載されていますが、購入した互換バッテリーは、定格電圧3.7V 1950mAh
純正バッテリーが、3.8V 1810mAhなのに対し、電圧が0.1V低くなっています。
そのためバッテリー表示が、充電器から外した直後は100%を示しますが、ちょっと操作しただけでみるみる減っていき80%あたりで落ち着きます。その後、ゆるやかに減っていき、純正バッテリーと大差無いくらいに使用が可能でした。
IMAG0429.jpg

IMAG0430.jpg


IMAG0431.jpg

使用を開始してから3ヶ月経過していますが、不具合は出ていません。
互換バッテリーで品質に不安がありましたが、問題はないようです。

今現在は、auのオンラインショップで、純正バッテリーの購入が可能になっています。





Sato Commerce HTC J HTI13UAA Z321E 互換バッテリー ( ISW13HT / Titan2 ) 3.7V 1950mAh
Sato Commerce HTC J HTI13UAA Z321E 互換バッテリー ( ISW13HT / Titan2 ) 3.7V 1950mAh





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

HTC J "ISW13HT"のroot取得のメモ

10月9日よりISW13HTが公式にAndroid 4.0.4のバージョンアップが行われ、同時にrootが取得できるようになりました。1回目のアップデートでrootが塞がれたと思っていましたが、バグだったらしくそれも同時に修正された為、root取得が可能になったそうです。

私が購入したISW13HTは、rootが取得できないバージョンだったので、今回のアップデートは動作パフォーマンスも向上し嬉しい限りです。更に簡単にrootの取得が可能なツールも配布され、知識があまり無い私でも出来そうだったので、チャレンジしてみました。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こちらに記載した内容を実行して、端末の起動不可能状態いわゆる文鎮化などの
障害が発生しても一切責任は負いません。

なお、root化できない分からないなど、操作方法に関する質問には、私自身に
アドバイス出来るスキルが無い為、お答えできません
申し訳ありませんが、ご自身で解決策を検索してください。

あと分かりにくい部分が多々あると思いますが、一通り読んで納得してからroot化を
実行したほうが良いと思います。
何がなんだか分からない方は、root化するのは止めたほうが無難です。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



参考にしたサイト様
HTC J Valente : root化について (HTC速報Dev)
HTC J 最新OTAでのroot化&アンロック (hello.c)
au ISW13HT HTC J のClockworkMod Recoveryが(仮)完成!(適当に更新diary)

■HTC J ISW13HTのroot化手順

簡単root化ツール"HTCJrootkit_v3.rar"というのを使用してroot化&アンロックを行いましたが、修正版の"HTCJrootkit_v3.1.rar" が公開されていました。若干操作やメッセージの表示が違うかもしれませんので、必ずしも同じとは限りません。


・前提条件
Android SDKなどの環境が処理するPCに導入済み
今までroot未取得で、端末のバージョンが2.05.970.3である
(設定→バージョン情報→ソフトウエア情報)

・事前準備
HTC Devへユーザー登録をしアカウントを取得しておく
HTC J Valente : root化について (HTC速報Dev)より "HTCJrootkit_v3.rar"をダウンロードし、適当な場所に解凍しておく
③ 端末のUSBデバッグを有効にする。
(設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェック)

・その他注意事項
一時root→root化→端末アンロックと操作していくと、端末が初期化されてしまいます。
データ等のバックアップは作業する前に済ませておきましょう。
あと、これから記載される処理を実行してしまうと端末の保証は受けられなくなります。更に今後、端末が公式アップデートされた場合、アップデートを行うことが出来なくなる恐れもあります。必ず自己責任で行なってください。



■root化とアンロック

1.端末をPCに接続する

2.解凍した"HTCJrootkit_v3.rar"の中にあるバッチファイル"runme.bat"を実行
画面の支持に従い、何かキーを押します。
link faild File existsではなく、link failed such file or directory という感じのメッセージが、ずーーーっと出るのでそのまま放置
ISW13HTの画面を確認し、"データを復元する"をタップする

3.同フォルダ内にある "runme2.bat" を実行する。
画面の支持に従いながら処理を進めていく

4."runme2.bat"の処理が進むと、"Spoof-CID.bat"の実行を促されるので
"runme2.bat"の画面は閉じずに"Spoof-CID.bat"を実行する

5."Spoof-CID.bat"の処理が進んでいくと、ブートローダーモードで端末が起動します。
bootloaderモード中です。
何かキーを押すと現在のCIDとUnlockコードのトークンを表示します。
続けるには何かキーを押してください・・・

と、画面に表示されているので何かキーを押します。

すると、ISW13HTのCIDと、端末をアンロックする為のUnlockコードのトークンが表示されます。

CIDは、11111111と表示されているはずです。
もし11111111になってなかったら、分かりません・・・。
操作をもう一度最初からやり直して見てください。


6.アンロック用のファイル"Unlock_code.bin"を取得し、同フォルダ内に入れる。
"Unlock_code.bin" の取得方法

アンロック用ファイルの取得先
http://htcdev.com/bootloader/ (HTC Dev)

Select Your Deviceをクリックしてリストから All Other Supported Modelsを選択
Begin Unlock Bootloader ボタンを押す

htcunlocke.png


Are you sure you wish to continue?
と、端末の保証が無くなるけど良いですか?という感じのメッセージが出るので、Yesボタンを押す。

続いて利用規約が表示、チェックするところが2箇所あるのでチェックを入れ
Proceed to Unlock Instructions ボタンを押す。


Unlocking Bootloaderの発行手順が表示されます
ツールを使っていれば、Step9まで終了していますので画面を進めていく

Step 10の所、画面の一番下にUnlock用のトークンコードを貼り付ける所があるので、
トークンコードを貼り付ける。

トークンコードは、"runme2.bat"の画面に表示されています。
選択してコピーすれば簡単に貼り付けられます。

範囲選択できない場合は、その画面内を右クリック→範囲指定 とやると選択できるかも
コピーする範囲は、<<<< Identifier Token Start >>>>から
<<<<< Identifier Token End >>>>> までで、トークンコードだけコピーして貼り付けると発行に失敗します。

ちなみにStep9に良い例、悪い例の順に書いてあります。
それを参考にしてください。


トークンコードを貼り付けたら、Submitボタンを押すとアカウントに登録されているメールアドレスに"Unlock_code.bin" が添付されたメールが送られてきます。


"Unlock_code.bin"をroot化キットのフォルダ内に入れたら、Spoof-CID.batを続行し、端末をアンロックします。
unlockcodebin.png

処理を続行すると"Unlock Bootloader?" と端末の画面に表示されていますので
音量ボタンの上ボタンを押し、"YES"にチェックを移して電源ボタンを押す。
DSC_0040.jpg


正常に終われば、アンロック作業が完了しました!と、表示されます。


7.あとは画面の指示通りにやっていけば、良いのですが問題点がいくつか発生しました。
カスタムリカバリモードが起動し、"runme2.bat"の画面には

「install zip from sdcard >> choose zip from sdcard」
と進み、「su.zip」を選択し、インストールを行って下さい。

と、表示されているのに、su.zipが見当たらない。

端末を再起動し、su.zipを配置するが、今度はカスタムリカバリモードが起動しない。


これは困った・・・失敗したかな?と、思いましたが、どうにかカスタムリカバリをインストールできました。

方法としては、C:\Users\現在ログインしているユーザ名のフォルダ
の中にroot化キット内にある"recovery.img"をコピーする。

そして、端末の電源をOFFにして、その後ボリュームボタンの下を押しながら電源ボタンをしばらく押しっぱなしにして、fastbootの画面を表示


その画面の状態で、端末をUSBで接続してコマンドプロンプト起動
以下のコマンドを実行
fastboot flash recovery recovery.img

これでカスタムリカバリーがインストールされて使用が可能になります。
そして、fastbootよりRecoveryを実行、カスタムリカバリーが起動するので、
任意の場所に配置した su.zipを「install zip from sdcard >> choose zip from sdcard」
にてインストールが完了しました。


推測ですが、runme2.bat内のコマンドが間違っているか、抜けている部分があるんでしょう
詳しくはわかりません。


コマンドプロンプトを起動し
adb shell
$ su
#
と、なれば成功だと思います。



あとはバックアップしたデータを戻したり、root用のアプリをインストールしたりしてください。








ツクモドスパラソフマップPCワンズ

au 夏モデル ISW13HTを購入

間もなく発売されるiPhone 5が注目を集めてるようですね。
私も、iPhone 5が気になっている1人です。

iPhone 5は、LTEに対応、更にテザリングまで出来ちゃう!
って事で、あんまり使わないけど、テザリングが出来るのは良いなぁ。
と、機種変候補に上がっていました。

しかし、購買欲を阻害された要因がありました・・・
テザリングはオプションで、月525円の追加料金が発生
5,460円 + 525円 → 5,985円/月
テザリングのオプションに加入すれば、月7.5GBまでパケット定額内

通信料が7.5GBを超えた場合、128kbpsの速度制限が付く
しかし、「エクストラオプション」(オプション料2,625円/2GB)に加入すれば、通信速度の制限なく使える


これじゃ、維持費がかかるし、せっかくテザリングが開放されても通信料が気になりすぎて使えない!


色々悩んだ末、しばらく様子を見ようと言うことに決めて
auの2012夏モデル、ISW13HTの未使用品を通販で購入しました。

DSCF3356.jpg

なんか梱包がiPhoneっぽい感じです。
今の機種ってこんな感じなのかな?
DSCF3357.jpg


ISW13HTは、rootが取得可能。
って言う事でなんですが、私の購入した機種は運悪くrootが取得できないバージョンでした。
バージョンアップ後に出荷された機種か、お店の人がバージョンアップしてくれたのでしょう。
device-2012-09-18-201411.jpg



でも、今までのroot取得の目的がテザリングだったし、ISW13HTは、rootを取得することなく
テザリングが可能なので、rootを取得して変更を加えなくても問題ありません。
今後、root取得が可能になったら、チャレンジしてみたいな。って思ってます。


動作も軽快です。よく言うヌルサクってやつです。
唯一の不満は、Micro-USB端子を接続する部分のカバーが外し難いのと、接続し難い事です。


あと、この機種の売りの1つである WiMAXは、私の活動範囲では残念ながら圏外なため使ってません。




ツクモドスパラソフマップPCワンズ

プロフィール

けせもい

Author:けせもい
色々興味が有りすぎて、まとまりなくてすみません。PC全般、PCゲーム等に興味があります。毎日提督業に3時間以上励むため、色々疎かに・・・。
鹿屋泊地で提督やってます。
現在司令部Lv110(2016.10.22)

2016年秋イベで谷風ドロップ!あと残すは酒匂。


現在、相互リンク募集中です。
詳しくは↓をお読みください。
相互リンク募集のお知らせ

 
アクセスカウンター



[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。