自作PC使ってます 携帯・モバイル関連

自作PC使ってます

PCパーツ・周辺機器、艦これ、PCゲームなど広く浅く、色々興味がありすぎてまとまりのないブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ツクモドスパラソフマップPCワンズ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Galaxy S5(SCL23) 大容量バッテリー購入

Galaxy S5(SCL23)でIngrassをプレイしていると、バッテリーがガンガン減っていったり、Ingrassをプレイしなくてもバッテリーが1日持たなかったりで不満が多かったので、大容量バッテリーを購入。

PowerBear Samsung Galaxy S5 7800mAh 大容量バッテリー&バックカバー&保護ケース
20161205_184340.jpg


予想外に画面保護シートまで付いてきました。
使用していないので、光沢、非光沢かどうかは確認していませんが、見た感じ売っているものと大差ない感じです。

バックカバーはテカテカしており、指紋がかなり目立ちますが、付属の保護カバーを付けるので気にならないでしょう。
20161205_184529.jpg


バッテリー本体は純正品の2倍ほどの厚さで、思ってた程大きくなかったです。
20161205_184612.png

バッテリーの電圧も純正品と同じ3.85Vの表記と、7800MAHの容量の表記もあります。
20161205_184630.png


バッテリー重量

PowerBear Samsung Galaxy S5 7800mAh 大容量バッテリー 90g
20161211_074335.jpg

純正品46g
20161211_074418.jpg





PowerBear Samsung Galaxy S5 7800mAh 大容量バッテリーは、純正品のおよそ2倍の重量90g



バッテリーの持ち具合
今までは1日に2回以上は充電していたのに、これを使用するようになってからは朝から夜までヘビーに使用しても、充電することなくバッテリーが持ちます。モバイルバッテリーとセットで持つことで、Ingressのエージェント活動が捗りそうです。


デメリット
本体が分厚くなり重くなる
手帳型カバーなどの本体保護カバーが使用できなくなる
防水機能がなくなる

本体が分厚くなることで意外と手にフィットします。重さは慣れれば気にならないかも

バックカバーにパッキンが付いていないので防水機能がなくなるので、これだけには注意が必要です。
TPU保護カバーを付けますが、そんなに質が良いものでもないので当てになりません。



バッテリー交換可能なスマホが少ないので、しばらくGalaxy S5(SCL23)を使用したいけど、バッテリーの持続時間に不満がある。と思っているなら、いくつかデメリットはありますが、このバッテリーに交換するのも良いと思います。










PowerBearサムスン・ギャラクシー S5 7800mAh [Samsung Galaxy S5] 大容量バッテリー&バックカバー&保護ケース (最大2.75倍のバッテリー電源) - ブラック[24ヶ月保証&スクリーン・プロテクターが含まれています]






ツクモドスパラソフマップPCワンズ

スポンサーサイト

Vivo Tab Note8 (M80TA-DL64S) 「エラー10」 再発

Vivo Tab Note8の 「エラー10」が再発
VivoTabNote8error2.png


久しぶりにペンを使おうとしたら使えない。
まさか・・・と、思いみたらやはり「エラー10」の表示が

前回修理した時に対策されていると思っていましたが、そんな事はなかったようです。
1年保証は切れたし、前回修理の保証期間も過ぎてしまったし
もう自力で修理するしか無さそうです。

幸い修理方法はネット上に公開されているので、自力修理でなんとかなりそうです。
デジタイザをあまり使っていないから、この状態でもあまり困らないんだけど、
デバイスマネージャーを開いた時に ”!”があるのが気持ち悪い。

近いうちに修理してみよう


しかし、Vivo Tabは、結構使えるタブレットなので、がっかり・・・





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

Vivo Tab Note8 (M80TA-DL64S)修理完了

先日修理へ出していたVivo Tab Note8 (M80TA-DL64S)の修理が完了し、戻ってきました。
2月28日に修理センターへ発送し、3月4日には修理センターから発送されたので、思ったよりだいぶ早い修理期間でした。スピーディーな対応には好感がもてました。


気になっていた修理作業は以下の内容でした。
LCDモジュールに問題が発生していたため交換致しました。
作業後検証を行い動作に異常がないことを確認しました。



画面に貼っていた液晶保護フィルムは、やはり剥がされてきましたが、丁寧に剥がされて別シートに貼られて返ってきました。とりあえず返された保護フィルムを再度貼り直しましたが、気泡が入ったりしてうまく貼れないので、新しいのを買おうかと思いましたが、しばらく我慢して貼っておこうかと思います。またエラーコードが発生したら買い直しも億劫ですし・・・。


スタイラスペンの動作はもちろん良好です。
最新のwacomドライバをインストールし問題なく使えています。


90日以内にエラーコード10が発生した場合は無償修理対応ということなのですが、対策済みの部品であってほしい。


ともあれこれで提督業が捗ります。





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

Vivo Tab Note8 (M80TA-DL64S) 「エラー10」発生

他のブロガーさんのVivo Tab Note 8の記事を見て回っていたら、気になる事が記事になっていました。それは、スタイラスペンが突然使えなくなるというものでした。
その原因は、デバイスマネージャーを開くと表示されているI2C HIDデバイスの状態が、「このデバイスを開始できません(コード10)」というエラーによるものでした。

しばらくスタイラスペンを使用していなかったのですが、念のため確認してみると・・・
あれ?スタイラスペンが使えない・・・。
まさか!?と、思いデバイスマネージャーを開いてみると

うわぁぁぁ。I2C HID デバイスにビックリマークついてる!
vivotaberro101.jpg

更にデバイスの状態を確認してみると、”このデバイスを開始できません(コード10)”と、しっかり書いてありました。
vivotaberro102.jpg


こうすると治ったよ。っていう情報もあったので、以下の作業を試して見ました。
・ドライバの更新
・最新のBIOSへ更新
・工場出荷状態に戻す

これらの事を行っては見ましたが、改善しませんでした。
残念ながらこうなると、ハードウエア的な故障だと思われるので、どうしようもない。

まず修理になるとは思いますが、改善策があるのかもしれないと思いASUSのサポートへメールで問い合わせをしたところ

asusmail.jpg
以上の回答を頂きました。

やはり修理になっちゃうのか
ただし修理は着払いで送れるというのは好感が持てます。
ケチなもので、こういった細かい出費を気にしてしまう私にとっては嬉しい事。

スタイラスペンは全くと言っていいほど使っていなかったのですが、本来使えるはずのものが使えないのは気持ちのいいものではないし、購入してまだ1年経過していないので、修理をすることにしました。
早速、修理依頼確認書をASUSのサイトよりダウンロードし、記入をして修理センターへ発送してきました。

10日営業くらいで修理で上がってくるのかな。

修理をしても再度同じ現象が出た。というのもあったので完全に治るのかどうか不安です。
最近、Windows8 with Bing版を搭載した24,800円で買えるようになったVivo Tab Note 8(R80TA-3740S)は大丈夫なのだろうか?
きちんと対策されているならば、期待できるのだけどなあ。



ASUS VivoTab Note 8 タブレットPC ブラック ( WIN8.1 32Bit / 8.0inch WXGA / Z3740 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 / スタイラスペン 付属 ) R80TA-3740S
ASUS VivoTab Note 8 タブレットPC ブラック ( WIN8.1 32Bit / 8.0inch WXGA / Z3740 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 / スタイラスペン 付属 ) R80TA-3740S





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

Nexus7(2013) LTE版 Android 5.0.2 (Lollipop)のファクトリーイメージが公開

待ちに待ったNexus7(2013) LTE版 Android 5.0.2のファクトリーイメージが公開されていました。
Nexus本体のほうで更新の確認をしてみましたが、この記事を書いている段階では、OTAの配信はまだ来てませんでした。近日中に配信される見込みのようです。

https://developers.google.com/android/nexus/images 

SS394.jpg


現状のバックアップを済ませて様子を見ながら、ファクトリーイメージをインストールしてみたいと思います。





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

VivoTab Note 8外部ストレージ、microSDカード トランセンド TS32GUSDU1のベンチマーク

ASUS VivoTab Note 8に、Transcend(トランセンド) 製のmicroSDHCカード TS32GUSDU1をmicroSDカードスロットに差し込んで使用した時のベンチマーク結果になります。このmicroSDカードは、昨年の6月に購入して写真とベンチマーク結果だけ取って放置してました。今更感がありますが、せっかくなので記事にしておきます。

DSCF3875-1.jpg


ベンチマークには、CrystalDiskMark 3.0.3を使用
20150201TS32GUSDU1.jpg


6ヶ月程使用していますが、特に不具合も無く使えています。
ちょっとしたデータを持ち出したいときなど、32GBもあれば十分すぎるほどです。








【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1E (FFP)
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1E (FFP)




ツクモドスパラソフマップPCワンズ

Nexus 7(2013) LTE版 4.4.4へアップグレードへの実施メモ

来月、次期バージョンのAndroid 5.0のOTAが配信されるとのことですが、OTA配信の通知が来ていたので、Nexus 7(2013) LTE版 4.4.4へアップグレードを行いました。

OTAのアップグレードは、rootを取得して、カスタムリカバリを導入しているためか、失敗してしまうので毎回ファクトリーイメージをダウンロードして実行しています。

実行環境
【PC】 Windows7 Pro(64bit)
     Android SDK:Platform Tools導入済み
     USBドライバインストール済み

【Nexus7】 Android 4.4.3(root取得済み)

Android SDKダウンロード先
http://developer.android.com/sdk/index.html


アップデートに必要なもの
Nexus 7(2013) LTEのファクトリーイメージ
https://developers.google.com/android/nexus/images
Nexus7ltefactoryimg.jpg


ダウンロードをしたファイルを解凍し、platform-tools内にコピーする
bootloader-deb-flo-04.02.img
flash-all.bat
flash-all.sh
flash-base.sh
image-razorg-ktu84p.zip
radio-deb-deb-z00_2.42.0_1204.img

platform-toolsのフォルダ内で、「Shiftキー」を押しながら「右クリック」をし、「コマンドウインドウをここで開く」
platformtoolcommand.jpg

以下のコマンドを入力し、Nexus7のブートローダーを起動させる。

adb reboot bootloader


ブートローダーが起動したら、、platform-tools内にコピーした「flash-all.bat」をコマンドプロンプトにドラックアンドドロップし、「Enterキー」を押して実行する。
あとは処理が終わるのを待つだけ、完了するまで2回、完了後1回リブートし合計3回リブートします。全てが終わると、初期設定画面が表示されます。


Nexus7は工場出荷状態の非root状態なので、再度root化したり、カスタムリカバリを導入する必要があります。



以前この方法じゃないやりかたで、個別にイメージを転送したら32GBだった容量がなぜか16GBになってしまうというトラブルが発生し、再度このやりかたで初期化した所、無事元通りになりました。



参考にしたサイト
Nexus 7 Android 4.4.4 KTU84P ファクトリーイメージでアップデート。  [サイゴンのうさぎ]







ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 32G / BT4 ) ME571-32G
ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 32G / BT4 ) ME571-32G








ツクモドスパラソフマップPCワンズ

ISW13HTのプラスエリア対応化させたら電波を掴まなくなった

HTC J ISW13HTのプラスエリア対応化について (HTC速報Dev)

HTC速報さんに記載されている手順の通り、ISW13HTのプラスエリア対応化を行った所
何故か全く電波を掴まなくなってしまった上に、docomoSIMを認識しなくなってしまいました。

なんでだーーーー!
と、数週間悩みました・・・・。
よくよく参考にした記事を見ると、誤表記があったようです。
コメントにも書いてあったので、よく読まずにコピペ実行した自分が悪かった(汗)

手順3の赤いところが誤表記
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p25


正しくは
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p25plus of=/dev/block/mmcblk0p25



再度、カスタムリカバリーを起動して以下のコマンドを実行して治りました。

adb push p24plus /
adb push p25plus /
adb shell
# dd if=/p24plus of=/dev/block/mmcblk0p24
# dd if=/p25plus of=/dev/block/mmcblk0p25


同じ現象でもし悩んでいたら、再度実行してみてください。
私はこれで治りました。
それでも治らない!って方はスミマセンが分かりません。





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

LTE版 Nexus7を契約

BIGLOBEで契約したLTE版 Nexus7が届きました。
DSCF3810.jpg

事前に購入していたASUS純正の液晶保護フィルムを貼ります。
この液晶保護フィルムは、フィルムと液晶の間に気泡が目立ちにくい加工がされているのと、光沢フィルムと、つや消しフィルムの2種類が1枚ずつ入っていて、好きなのを選べます。私は、つや消しを貼りました。
DSCF3812.jpg

すぐrootを取るつもりだったので、SIMは挿さずにとりあえずケースに入れて起動
DSCF3817.jpg

Androidのバージョンは、4.4.2になっていたので、root取得が出来るのかどうか不安でしたが、検索するとroot取得方法が詳しく書いてあったので、参考にしながら作業をし、ブートローダーを簡単にアンロック出来てあっさりrootを取得もできました。
カスタムROMの導入は検討中。
DSCF3821.jpg

その後、SIMを挿して同梱されていた設定ガイドを見ながら、モバイル通信の設定も終わらせました。設定ガイドは、わかりやすく丁寧で良かったです。
DSCF3818.jpgDSCF3819.jpg

auで契約していたISNET等は解約、ガラケーとNexus7持ちになりました。
使っていたISW13HTは、DoCoMo回線でも使えるように出来るらしいので、本当に可能なのか実際に試してみたいです。でもNexus7に挿しているSIMカードは、microSIMで、そのままじゃISW13HTに挿せないので、SIMカードの変換アダプターを買ってからになります。









ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 32G / BT4 / LTE ) ME571-LTE
ASUS Nexus7 ( 2013 ) TABLET / ブラック ( Android / 7inch / APQ8064 / 2G / 32G / BT4 / LTE ) ME571-LTE





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

ISW13HT(HTC J)の互換バッテリー

ISW13HT(HTC J)の電池持ちが悪くなり、Battery Mix上では90%以上の残量があるのにもかかわらず、突然の電源OFFになったりしてしまい、まともに使用できなくなったので、バッテリーの交換を行いました。

購入した2013年12月頃、純正バッテリーは、どこを探しても売り切れ状態。
そこで仕方なく互換バッテリーを購入することになりました。

箱にも記載されていますが、購入した互換バッテリーは、定格電圧3.7V 1950mAh
純正バッテリーが、3.8V 1810mAhなのに対し、電圧が0.1V低くなっています。
そのためバッテリー表示が、充電器から外した直後は100%を示しますが、ちょっと操作しただけでみるみる減っていき80%あたりで落ち着きます。その後、ゆるやかに減っていき、純正バッテリーと大差無いくらいに使用が可能でした。
IMAG0429.jpg

IMAG0430.jpg


IMAG0431.jpg

使用を開始してから3ヶ月経過していますが、不具合は出ていません。
互換バッテリーで品質に不安がありましたが、問題はないようです。

今現在は、auのオンラインショップで、純正バッテリーの購入が可能になっています。





Sato Commerce HTC J HTI13UAA Z321E 互換バッテリー ( ISW13HT / Titan2 ) 3.7V 1950mAh
Sato Commerce HTC J HTI13UAA Z321E 互換バッテリー ( ISW13HT / Titan2 ) 3.7V 1950mAh





ツクモドスパラソフマップPCワンズ

プロフィール

けせもい

Author:けせもい
色々興味が有りすぎて、まとまりなくてすみません。PC全般、PCゲーム等に興味があります。毎日提督業に3時間以上励むため、色々疎かに・・・。
鹿屋泊地で提督やってます。
現在司令部Lv110(2016.10.22)

2016年秋イベで谷風ドロップ!あと残すは酒匂。


現在、相互リンク募集中です。
詳しくは↓をお読みください。
相互リンク募集のお知らせ

 
アクセスカウンター



[PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。